トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月30日 (日)

茶々丸御殿

そういうわけで、入居の決まった新しいお家。

ここまでくるのに大変だったわけですからなー、

茶々丸がストレスなく、快適に過ごせるようにしないと。

問題行動が起きてしまったら・・・追んだされっぞぉ(^^;)


「ノラ猫を家猫にするには」でネット検索したり、

病院の先生にアドバイスをいただいたり、

「ねこのきもち」も購読開始したり、

情報を集めつつ、坊ちゃまの御殿を今なお準備しております。


昨日はとうとう、ネコタワーができました!

友人ご夫妻が来て下さって、使っていない照明をいただいたばかりか

タワーとケージまで作ってくれたぁぁぁ。

深謝。


Photo
















でっきるっかな、でっきるっかな♪



いやー、ほんとにありがとうございました。

あの高い天井、私一人じゃ・・・絶対ムリだった!

まだ何もそろっていなくて、完成後せっけんで手を洗ってもらうこともできず

早々に追い返してしまって済みません。。。

おかげで夕方に茶々丸を病院へ連れていけました!


ノラ猫として最後の病院です。

爪もちょっと治りが悪いけど心配はいらないし、

問題はなかったので、他の伸びた爪は切ってもらいました。



いよいよ元旦には拉致られてしまう茶々。

ノラ生活最後の数日を満喫しておくれ~。


Photo_2















あ。となりのハゲおやじ。


しーっ!

| | コメント (0)

2007年12月29日 (土)

面接

面接の日、仕事の最中ずぅ~っと

「どうしよう・・・どうしよう・・・」を繰り返しておりました。

さすがに始めのうちは「大丈夫ですよ、ねこさくさん」と言ってくれていた猫好き同僚達も、

そのうち「いやぁ・・・『ウザい・・・(と顔に書いてある)』」てな感じに。

たぶんね、この はな の肉球行進ばりにウザかったであろう・・・。


Photo


















ワン、ツー、ニク、キュウ!





まぁ一番の心配事は、面接官が豪華茶々丸ハウスを見て、

「まるっきりノラじゃぁ~ん!」という事実をスルーしてくれるかどうか、ではなく・・


私が「茶々丸に嫌われている」という点でしたがね・・・。


これね、ホントに致命傷。

これだけ「人懐こい」と言っておいて、そりゃどういう了見だと、お思いか?

そりゃ、最初は私もラブラブだったのよ~。

理由はですね、病院なのです・・・。

検査やワクチンだけの通院の時は、まったくもってリラックスしていたのに

出血するほどの怪我や、生爪剥がれたときの治療は、

やっぱり相当痛くて辛かったらしく、私を見ると・・・


Photo_2
















ぐぉっ!

出たな妖怪、イタイタババァ!!

あっち行け、シッ!シッ!


てな具合にね、逃げられるようになっちゃったんです・・・。

私を見て逃げる猫・・・面接官が見たら「大丈夫か?」と思うよな~。


そんな不安を抱えながら帰宅し、面接官と落ち合い裏のアパートへ向かう。

面接官は優しそうな女性だった。

ので、初めに「逃げるかもしれない理由」を(いい訳がましく)説明しておいた。

茶々丸のところへ行くと、彼は爪とぎの上で香箱座り。

私を発見すると、案の定・・・・逃げたっ!!

「こ、こんの、オマエッ、誰のおかげで爪が膿まなかったと思ってんだっ」と

心の中で(押し付けの愛を)叫ぶ。


前代未聞、本人(猫)不在のまま、面接。

でも、色々お話できました。

エイズのこと、人が好きな猫だから家にもつくと思うこと。

そのうち、ずっと悩み続けた質問をされた。

「飼ってあげることが、茶々丸にとっての幸せなのかしら?」


わかんない。わかんないです。正直。

茶々丸にとっての幸せは何なのか、私だってずっとそれを悩んでいた。

飼うってのはただのエゴなんじゃないのか、とかね。

でもね、いいの。エゴでもいいと決めたのです。


と、話したら緊張していた糸がブッツリン!と切れちゃって、

ふつーーーっと涙が出ちゃったりしましたが、

同時に「頑張ってみましょうか、ね?」と面接官の方が言ってくれて、

ウチのお坊ちゃまめでたく面接クリア!

泣き落としではないんだけど、最近めっきり涙腺が弱くなっちゃって、かなわん・・・。

| | コメント (0)

2007年12月28日 (金)

ネコエイズ

ネコエイズ。

ちょっと前に、テレビで特集していたので基礎知識はあった。

だから、茶々丸がネコエイズと聞いても病気そのものに対する

「無知なる恐さ」はあまりなかったと思う。

ただ、私が今後迫られるであろう様々な選択は

全て茶々丸の「命」にストレートに繋がるんだって思うと、やっぱりちょっと怖かったな。

もちろん、健康な動物を飼うにしてもそれは言えることなんだけど、

病気があるか、ないかでそのリスクはやはり数段違うと思う。


ネコエイズは・・・

・人間にはうつらない。

・感染後、無症状期(ウィルスが眠っている期間)を延ばしてあげることで発症せずに天寿   を全うする猫もいる。

・ウィルスが目を覚まさないように、ストレスのない環境を作ってあげる。


その当時、まだ茶々丸を飼うことを具体的に考えられる状況ではなかったし、

エイズというリスクをもった子を保護して飼うということについて、

かわいそうというだけで安易に結果を出すべきではないと思ったので、

何をすべきか、何ができるかを一生懸命考えた。


幸い、口内炎が見られはしても食事が摂れないほどではないし、

見るからに元気そうにしている茶々丸自体の様子は、

しばらく現状維持でも大丈夫かな、と思ったりもした。

ただ・・・何しろケガが多い。

その最たる原因が、ケンカ。

ある日は落ちた場所が悪くて、生爪はがしたし、

ある日は首から大量の血を流していて、相当あせった。

問題は茶々丸本人(本猫?)のケガだけでなく、相手にエイズをうつしてしまうということ。

ケガ⇒病院⇒ケガ⇒病院 を繰り返すたびに、

「やっぱり家猫にするのがいいんだよな・・・」と心が決まり始める。


Photo


















今日も元気だ、光合成!


よし!もう、くよくよしていられません!

ということで始まった、家探し!

それがね、思ったより難しい。

実家の近く、と決めていたので良い物件が出るまで本当に時間がかかった。

そして・・・ついに以前から「空いたら連絡を!」とお願いしていた不動産屋から

電話があったのです。


Photo_2
















実際、待ちくたびれたわよね。


ええ!はなサン、

もう!

ほんとに!!

連絡があった物件を内件したら日当たりもいいし、広いし、いいんじゃな~い?

ま、真横を電車が走ってるけど、ま、これくらいなら慣れるわよ!

ということで、ここに決めました!


が・・・そう簡単に事は進まなかったのです・・・

なんと、ペット面接があるっっちゅう訳ですよ!

対象の猫の生活を、実際見に来ると・・・


あぁ、ダメだ。言わねばならぬ。

「あの~、えと~・・・ノラなんです・・・」

そこで返ってきたのは、「基本、ノラはダメなんです」という答え。


そこを!

そこをなんとか!

茶々丸には首輪のアトもありますし、アパートのおばあちゃん家に

上がりこんでますし・・・半ノラなんで!!!


と頼み込み、とりあえず面接をしていただけることになり・・・

どうなることやら・・・。

頼むよ、茶々丸~。


Photo_3


















おう!まかしとき!

・・・大丈夫かなぁ。

| | コメント (0)

2007年12月27日 (木)

病院2

診察室に入る。優しそうな女医さんだ!

「茶々丸ちゃん、では、体重計りましょう。お熱計りましょう。

体触りますね。」

次々身の上に起こることに、身じろぎもしない茶々丸。

ちょっと~、偉いんじゃないの~、このコ~。

ふと、横を見ると「ご自由にお使いください」と、皮の防護手袋・・・

どっしゃーーー!

どんだけ凶暴なコがいるんだ???



ねこさく「先生。茶々はよくケンカで怪我するんですよ。今も耳を怪我してますが・・・」

センセ「あー、それはですね、強いんですよ。」

ねこさく「え??怪我負ってるのに???」

センセ「強いコは向かっていくので、頭に怪我するんです。弱いコは逃げざまにやられるので、下半身に怪我するんですよ」

ねこさく「ほうぅぅぅ」



ダメダ・・・ニヤける。

ケンカに強い。病院に強い。人に優しい。

ホレた。

ホレたよ。

茶々丸、あんたは男の中の男だよっ!

Photo_2

















男ってのはな、傷負ってもメンチ切るもんさ・・・

(左耳んとこ、出血しとります・・・)


メロメロになってる私に先生が言った。

「では、血液検査をしてワクチンを打ちましょう。白血病やエイズも分かってしまいますがいいですか?」

はい、お願いしますということで採血。

採血の間も堂々としとりますがな~。



それにしても、なんていいコなんだろー。

こんな猫がノラちゃんなんて・・・なんでだろ。

などと思いをめぐらしている間に結果がでてきた。

検査キッドを目の前に、先生が言った。



「茶々丸ちゃんは、ネコエイズです」

え。

そっか。

そういうこともあるなって思ってはいたけど。

不思議と冷静だったし、今後どうしたらいいのか、

気をつけることは何か、そんなことをちゃんと確認できた。



会計を済ませて、1ヶ月後に2度目のワクチンを

受けに来るよう指示され、家路についた。



帰り道。

「ちゃーちゃ!」

「にゃぉ」

「ちゃーちゃ!」

「にゃぉ」



繰り返してたら、泣けてきた。

何に泣けたのか分からないけど、とにかく涙がでて仕方なかった。



あの日既に茶々丸を飼おうって決めてたのかもしれないな。

と、今思う。

| | コメント (0)

2007年12月26日 (水)

病院

地域猫として住み着いた茶々丸。

逃げないし、怯えないし、社交的でその上・・・ブチャイク。

かわいがられる要素まんさーーい(親バカ)。

ノラ猫とはいえ、やれることはちゃんと責任を果たそう!

ということで、この夏ワクチンをしに病院へ行きました。

【茶々丸・病院までの道のり】

まずはキャリーを買う。

ひやっ、高ぁ~!!!!!ビビる・・・。

「洗濯ネットで、普通のトートに入れれば充分」との猫マスター談もあったが

・・・でも。

カッコ悪いじゃぁ~ん(-。-;)

そうそう、私はそういうヤツだよ。

それでもネットで一番安いキャリーを購入し、茶々丸捕獲~。

意外にすんなり納まってくれて、病院までレッツ・ら・ゴー!!!

病院は猫専門でして、

混んでる混んでる、待つこと1時間・・・。

茶々大丈夫かなー?

声かける。

「茶~々~!!!」

Photo_10
















にゃ、にゃぁ。


や・・・・やばいっ!

顔に似合わず、あふれ出るビクビク感・・・。

早く診察してもらわねば。

やっと、呼ばれた。

「ねこさく茶々丸さーーん」

つづく・・・。

| | コメント (2)

2007年12月25日 (火)

茶々丸との出会い

茶々丸との出会い。

それは、2006年の8月頃。

母がゴミ捨て場の横にポツンと座っている

茶トラの猫を発見した。

その猫は、翌日も、翌々日も姿を現し、

そのうち裏のアパート付近を住処と決めたようだった。



ある日の夜中、雨が降りはじめた。

母と妹は「かわいそうだから」と、透明な衣装ケースにバスタオルを敷き

この猫に持って行ったんだけど、

その時、私は「あんまり構うんじゃないよー」と、言ったんだっけ。

そう!

猫嫌いだんですよねぇ・・・ほんと。



特に・・・ヤツは超がつくほど・・・目つきがわるい。

Photo_3
















あ"??なんか言ったか??

いや・・・あの・・・モゴモゴ・・・。

だけどね。毎日気にしてると、当然、情が沸くもんで、

メンチきってるこの目もね、ぶちゃカワでねぇ・・・(しみじみ)。

しかも夜になると、おめめ真ん丸になるしねぇ・・・(ギャップLOVE)。

それにね・・・

「オマエ、犬か!?」つーぐらい、人懐こい。

Photo_4
















フセ!

絶対に犬だ・・・。

ということで、猫嫌いの私がせっせと

茶々丸のお世話をすることになったつーことです。

やれやれ。

| | コメント (0)

2007年12月23日 (日)

茶々丸仕様

新しいお部屋で、ガス屋さんを待ちながら

メジャー片手にレイアウトを考える。

猫タワー・・・猫トイレ・・・猫ケージ・・・

あぁ、まずは猫ありき。。。

「家猫への道」プレッシャーが、アリアリ浮かんどります。



ちなみに、茶々丸のお家遍歴は、こんなん。

「ピンク屋根ハウス」

Photo_5


















むしろ人工芝に注目だろ~。





「段ボールハウス」(18-20時配達指定編)

Photo_6
















下敷きフリースは「リロ&スティッチ」!
イカす!


そういや一番最初は、

麹臭つき衣装ケース(味噌作りで使用済み)だったし・・・・

ずいぶん・・

いや、ほとんど・・・ありあわせ。



茶々丸ぼっちゃま、順応性の塊っすねぇ。



あぁ、新しいおうちにも慣れてくれればいいのだが。

心配で夜も眠れない。

| | コメント (0)

2007年12月21日 (金)

家猫になる日

1年半前、突然現れた茶トラ猫。

ダンボールでお家をつくり、地域猫として根付いておりましたが・・・

このたびワタクシ、決めました。


決定・・・飼う!!

Photo_7


















まぢで!? 聞いてねぇ!


言ってねぇ!(=w=)

ということで、一人暮らしをすることになりました!

今住んでる実家には、かわいい「はな」がいるからね。

Photo_8








あ、おかまいなく~。

という訳で、色々と綴っていきたいと思います。

茶々丸くん、よろしくお願いするよ。

Photo_9


















だから、聞いてねぇ!!!

だから、言ってねぇ!(=w=)

むふ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年1月 »